中野区沼袋の女性専門整体院|痛みと自律神経の専門家。頭痛、肩こり、腰痛、顎関節、更年期、産前産後、女性特有の慢性症状 あなたのお悩み聞かせて下さい 

受付時間

9:00~17:00
(※LINEは24時間可)
 日祝定休・完全予約制 
080-8446-9626

副腎疲労症候群

お問合せフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

必須
必須

(例:sample@yamadahp.jp)

必須

(例:中野区沼袋〇ー〇ー〇)

必須

(例:5月20日金曜日14時)

必須

(例:5月23日月曜日14時)

必須

テキストを入力してください

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

副腎疲労症候群とは?

副腎は、左右の腎臓の上にあるピラミッド型をした小さな臓器です。

50種類以上のホルモンを産生していて、栄養素の代謝、ストレスのコントロール、電免疫機能の調整、循環器系の調節など、大切な役割があります。

 

仕事に家事、育児、介護、人間関係によるストレスや、偏った栄養バランス、運動不足などといった生活の乱れがあると、ホルモンバランスが乱れ、慢性的な疲労、精神不安、食欲不振、胃腸の不調など、様々な症状が引き起こされます。

この状態を副腎疲労症候群と言います。

症状を改善には十分な休養と栄養状態の改善、ストレスフルな環境の見直しなど、心身両面+環境調整の総合的なアプローチが必要です。

更年期障害と副腎疲労の関係

女性の身体は、閉経に向けて、徐々に卵巣機能が弱まっていきます。

卵巣機能が低下すると女性ホルモンは規則正しく分泌されにくくなります。

それに代わって女性ホルモンの産生を担うのが副腎なのです。

副腎がしっかりと機能していれば、卵巣機能が低下しても、これらのホルモンの産生が副腎にバトンタッチされるので、更年期を比較的穏やかに過ごすことができるのです。

しかし副腎の機能が弱っていると、卵巣機能の低下により、女性ホルモンがガクンと激減してしまいます。

それによって、更年期症状がより強く出ることになるのです。

副腎疲労症候群の症状

  • 疲労感:夜に悪化、ひどくなると朝起きられない
  • 精神不安定:イライラ、不安、うつ症状
  • 消化器異常:食欲不振、吐き気、下痢、便秘、腹痛
  • 不眠症:寝つきが悪い、中途覚醒
  • PMS(月経前症候群)の悪化
  • 脈拍、動悸、過呼吸

副腎疲労症候群には様々な症状があります。しかし、いずれも外側からは見えないので、周囲からは怠けていると思われたり、自分でも、「もっと頑張らなければ」と思って自己嫌悪に陥ったりしてしまうことも少なくありません。

無理をしたり、考えすぎたりすると、それがストレスとなって、かえって症状が悪化してしまうこともあるので、ご心配な方は、ぜひ一度ご相談ください。

当院ではお身体の状態をしっかり見させていただくとともに、丁寧なカウンセリングで、ストレスなどの環境要因もチェックし、施術プランを作っていきます。

地図・アクセス

当院からのお知らせ

営業時間
月~土 9時~17時
日・祝 定休
※LINEは24時間受付可
080-8446-9626

アクセス・受付時間

住所

東京都中野区沼袋2-30-8アークビル沼袋101

アクセス

●西武新宿線沼袋駅より徒歩4分
●中野駅からはバスが便利です。
北口サンプラザ中野の隣の7番乗り場から練馬方面行き(中92)乗車10分、「江古田2丁目」下車徒歩3分。
「江古田2丁目」で下車したらバスの進行方向に直進、十字路を過ぎると左側にライオンズマンションがあります。そこを左折し住宅街を直進してください。

受付時間

9:00~17:00

定休日

日曜・祝日